消費税の概要

消費税は、消費に広く薄く負担を求めるという

観点から創設され、事業者が販売する物品等の

価格に上乗せされて、最終的には消費者が負担する

ものである。

 

納税義務者

国内取引

課税資産の譲渡等を行った者

 

輸入取引

保税地域から課税貨物を引き取る者

 

ただし、基準期間の課税売上高が1,000万円以下の

事業者は、納税義務が免除される。

 

税率

5%(地方消費税と合わせて)

 

消費税の計算

原則

売上のかかる消費税-仕入れにかかる消費税

=納付する消費税

 

簡易課税

基準期間の課税売上高が5,000万円以下の事業者は

簡易課税を選択することができる。

 

簡易課税は売上に対する消費税からだけで

納付する消費税を計算できる。

 

経理処理

100万円(税抜き)の商品を仕入れ

200万円(税抜き)で販売した場合

 

税込経理

仕入れ    100万円

仮払消費税   5万円

 

売上     200万円

仮受消費税 10万円

 

税込経理

仕入れ   105万円

売上     210万円