相続税の概要

相続税は、人の死因を契機として、相続などにより

資産が移転した場合に課税される。

 

納税義務者

相続や遺贈によって財産を取得した個人

 

基礎控除

5,000万円+1,000万円×法定相続人の数

 

税率

10%から50%

 

申告と納付

相続の開始があったことを知った日の翌日から10か月以内

 

贈与税の概要

相続税の課税が見込まれるものが、生前に、

贈与をして資産を移転しておけば、相続税の

負担を回避することができる。

これを防止するために、生前の財産の移転に対して

課税をする。

 

納税義務者

贈与によって財産を取得した個人

 

暦年課税

{1年間の贈与の合計-基礎控除(110万円)}

×税率(10%から50%)

 

相続時精算制度

親子間の贈与で、一定の要件に該当し、

贈与を受けた時に一定の税率で贈与税を納付し、

相続が開始したときにこれを精算する方法