軽減税率でスーパーの「ベンチ」消えた 「どうしてこんなしわ寄せが…」

食品スーパー「京王ストア」(本社:東京都多摩市)の店内に設置されたベンチが、2019年10月1日に導入された消費税の軽減税率制度に伴い、一部店舗で撤去された。

「お客様へ」と書かれた下に、こう続く。「10月の増税以後、たとえベンチのみの設置でも飲食スペースと見なされ、この場所で飲食された場合軽減税率の対象外となり、お客様への混乱が予想される為9月29日をもちましてベンチを撤去致しました。何卒ご了承くださいますようお願いいたします」 ( J-CASTニュースより)

軽減税率が始まって、10%と8%の区分が複雑怪奇。なんでこんな分け方をしたのでしょうか。まったく理解不能。でも、間違えるわけにはいかないので運用する側は大変ですね。